【気付かれないと思ったの?】ココイチが廃棄処分を依頼した冷凍ビーフカツが不正転売され普通にスーパーで売られていた!廃棄処分を依頼したのは愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」

 カレーチェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋は1月13日、同社が廃棄処分した冷凍ビーフカツが処理業者から不正に転売され、一般流通していることが分かったと発表した。異物混入のため廃棄したもので、購入したり食べたりしないよう注意を呼び掛けている。

同社によると、冷凍ビーフカツは昨年9月2日に愛知工場(一宮市)で製造(賞味期限は今年1月末)。合成樹脂製の部品の破片(最大8ミリ)が混入している可能性があるとして、10月19日に4万609枚を廃棄処分とし、愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」に処理を委託した。

カツは5枚で1袋に入っており、袋には「ビーフカツ」と表記はあるが、CoCo壱番屋とは記載されていない。だが店員がスーパーで買い物中に見つけ、本部に通報。取り寄せて確認したところ、廃棄依頼したものだと判明した。調査の結果、ダイコーが転売していたことが分かったという。

流通経路や販売先は現在調べているという。カツに混入した異物を誤って食べてしまったとしても危険有毒性分類基準には該当しないとしているが、廃棄物として扱われたことから温度管理など保存方法に問題がある可能性もあり、安全上、CoCo壱番屋以外で購入しないよう呼び掛けている。手元にある場合も食べないよう求めている。

  

ココイチといえばアメトークでココイチ芸人として特集されるなど根強いファンを持つカレー専門店です。

今回の不正転売、ココイチは悪くないのですが不名誉な形で名前が出てしまい可哀想ですね。

 カレー店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄した冷凍ビーフカツがスーパーで販売されていた問題で、愛知県警は14日、同社から処分を委託された産業廃棄物処理会社「ダイコー」(同県稲沢市)を、廃棄物処理法違反の疑いで強制捜査する方針を固めた。

同日午後にも関係先を家宅捜索する。

壱番屋は昨年10月、異物混入の恐れがあった冷凍カツ約4万枚を廃棄。しかし、処分を引き受けたダイコーがめん類製造業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)などに転売し、今月11日、愛知県のスーパーで販売されているのが見つかった。

捜査関係者によると、県警は14日、みのりフーズから、冷凍カツが入っていた段ボールの任意提出を受けるなどした。

 岐阜県は13日夜、同県羽島市の麺類製造業「みのりフーズ」が、ダイコーからビーフカツを購入し、いずれも愛知県内の個人と企業2社に転売していたと発表した。
岐阜県は、愛知県からの情報提供に基づき、同日にみのりフーズの立ち入り調査を行った。
伝票などはなく、取引量は把握できていない。ただ、「壱番屋」の名前が印刷された段ボール箱約800箱が、みのりフーズの工場内に保管されていた。別の箱にビーフカツを詰め替える作業を工場内で行ったという。
食品衛生責任者を務める従業員は岐阜県に対し「自分の独断で、ダイコーの依頼により取引を行った」と説明している。13日現在、県は経営者から直接、事情は聴いていないという。

スポンサード リンク

転売されていた冷凍カツが販売されていたスーパーはAマートアブヤス!

アブヤスのホームページはこちら

お詫び

この度は、弊社の春田店及び神守店にて販売しました商品「CoCo壱番屋のビーフカツ」に関して、お客様には多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
同商品を購入されたお客様にはお手元に商品が残っていても決して召し上がられずに弊社に御返品くださいますようお願い申し上げます。

同商品を購入されたお客様には商品代金はご返金致しますので、弊社春田店ないし神守店にご来店いただくか、弊社にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
今後は、再発防止に向けて一層仕入先の調整確認等に努めてまいります。
今後も、よろしくお願い申し上げます。

このようにHPのトップにはお詫びが書かれておりますが、誰がどのように仕入れたのか、肝心な事が書かれていません。

アブヤスは厳選した食材を低価格でご提供するスーパーマーケットです

低価格で厳選した食材ならば消費者として嬉しいものですが、いくら低価格でも不正転売された冷凍ビーフカツ、しかも異物混入の可能性がある食品は買いたくないですよね。

家宅捜索を受けるダイコーはもちろん、そのカツを購入した企業も、異物混入の可能性がある事を把握していたのか、こちらも気になる所。

うやむやになる事なく徹底的に調査して欲しいですね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です