【本当に信頼出来るお医者様…なのかも…】次の逮捕者も患者の中から⁉︎ASKA・清原の主治医だった平石貴久医師が担当する著名人の数々…

アスカが逮捕される前から
アスカと共に平石医師の顧客だった芸能人
GLAYのツアードクターね

GLAYのTERU
ノリピー
青木隆治
コロッケ
小室哲哉
X TOSHI
アントニオ猪木
モノマネ原口
ローリー寺西
はまちゃん
伊原剛志
渡辺いっけい
おやかたさま
番長清原
TUBE前田
元ワシントン支局長

上記がリストとしてネット上で流れているのですが、これは平石貴久医師のブログにて確認出来る事実のようです。

ブログトップの右端には笑顔の清原容疑者が。

しかしこのブログを見ていると本当に数々の有名人が来院しています。

  

ダウンタウンの浜田雅功さん。

  

クルム伊達公子さんに小室哲哉さん。

  

岸谷五朗さん。

  

伊原剛志さん。

  

三浦知良さん。

錚々たるメンバー。これでも一部ですからもっと沢山の芸能人の方が平石医師に頼り来院していたようです。

平石 貴久(ひらいしたかひさ)

1950年鹿児島県生まれ。 東京慈恵会医科大学卒業。 専門は内科、消化器科、スポーツ医学。 スポーツ選手の健康管理や勝つためのコンディショニングを担当。 他に日本を代表する多数のチームや選手の健康管理、有名ミュージシャンたちのコンサートドクターとしても活躍。 にんにく注射の発案者!

清原和博、松坂大輔、松井稼頭央、室伏広治、中田英寿、荒川静香、朝青龍元横綱、日馬富士関、丸山茂樹、伊達公子さんなどトップアスリートの身体作り、コンディショニングを担当。 Jリーグ/柏レイソルチームドクター、を8年間担当。 慶大ラグビー部・拓大創価大陸上部・駒沢大硬式野球部・亜細亜大学硬式テニス部チームドクター。 (現職)東京健康クリニック 平石外来医師【日中診療/診療時間に関しては直接問い合わせ下さい】

www.tokyokenko.jp

電話03-3449-9029
平石銀座メディカルクリニック 院長(中央区銀座5-9-17銀座あづまビル3F/からだの美容室 内)【平日 18:00~20:00/夜間診療のみ】

電話03-3573-7311
保険診療・スポーツマッサージ・鍼灸治療・にんにく注射・花粉症・医事相談可・他 
主な著書、著作は100を超える。 「病気にならない健康の新常識」(あさ出版)/2011 「医者以前の健康の常識」(講談社)/2006 「医者以前の健康の常識2」(講談社)2007 「筋トレ以前のからだの常識」2008など「医者以前シリーズ」は40万部を超える。 日経新聞土曜版、プラス1「ヘルスこの一手」レギュラー掲載/2008~ 1990年日本テレビ(NTV)系列「午後は○○おもいっきりテレビ」(健康番組)のレギュラー医師として14年間出演。 ニチレイ「アセロラドリンク」味の素「アミノバイタルPRO」ウィルコ「Dr.平石式にんにく卵黄プラセンタ」発案。 ヒット商品を続ける。 2003年平石医師の発案・開発した「お医者さんのコルセット」(腰痛予防コルセット)さらに「お医者さんの膝ベルト」(膝関節用補助器具)は、評判をよび、総計98万個以上 の販売実績を誇る。

ASKAさんにアンナカを処方していた事で平石医師の名前が知れ渡ったように思われがちですが、元々メディアにも登場し、本も出されるような有名医師だったのです。

平石医師が主治医を務めていた有名人達の中にはすでに逮捕者もいますが、これだけ華やかな世界に支えられていた平石医師ですからクリニックも大盛況と思いきや…。

スポンサード リンク

その後倒産…

2014年6月

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(56)の主治医で、スポーツドクターとして知られる平石貴久医師が経営する医療法人「貴生会」と関連会社3社が6日、東京地裁から破産開始決定を受けたことが分かった。 
東京商工リサーチによると、負債額は貴生会が3億6429万円で関連会社3社を含めて総額10億1773万円。 
疲労を回復させるという「ニンニク注射」で知られる「平石クリニック」を東京・六本木で運営、元プロ野球選手の清原和博氏や元横綱朝青龍など有名プロスポーツ選手や芸能人などが利用することで知られていた。平石医師のブログでも多くの著名人との交流がつづられている。 
最近ではASKA容疑者の主治医として、同容疑者にアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方していたとしてメディアに取り上げられた。 
東京商工リサーチによると、平石医師は「知人の連帯保証人となっていたことが原因で多額の負債を抱えることになり、クリニックの経営を続けることが困難になった」と説明している。 
現在は別の医院で非常勤で働いているという平石医師は11日、夕刊フジの取材に「六本木の医院は昨年9月で閉め、その後銀座に開業した医院も今年5月で閉めた。 清原さんとは今でも親交があるが、僕も清原さんも一生懸命やっているから刺激しないでほしい」と語った。 

『一生懸命やっている』と語っていた清原容疑者が逮捕され、平石医師はどのような心境でしょうか。

額面通り受け取れば、これだけ沢山の著名人に愛され、知人の連帯保証人にまでなってしまうようなお医者さん…なんて優秀かつ優しい人なんだ!と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょう。

ネット上では、逃げた!なんて声も聞こえて来ますが、ASKA逮捕時に重なりますのでそう思われても仕方がないのかもしれません。

平石医師の顧客リスト…いつかそう遠くない将来、また平石医師の名前を聞く日が来るかもしれませんね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です