【ブログは予約投稿?】プロレスラー・ハヤブサこと江崎英治(47)くも膜下出血で3日に死去。2001年にリングで頸椎損傷するも諦める事なく、再びリングに上がるためリハビリ中だった

 プロレスラーのハヤブサこと江崎英治さんが、くも膜下出血で3日に亡くなっていたことを4日、所属事務所がマスコミ各社にFAXで報告した。47歳だった。

江崎さんは、91年にFMWでプロレスデビュー。その後、覆面レスラーのハヤブサに変身し、得意技のファルコンアロー、フェニックス・スプラッシュなどを駆使し活躍。師匠の大仁田厚にも挑戦した。2001年にリングでけいつい損傷し、以来、車いす生活を余儀なくされていた。通夜、葬儀は親近社のみで執り行い、後日、「ハヤブサを偲ぶ会」が催される予定。

◆ハヤブサ 本名・江崎英治。1968年11月29日、熊本・八代市生まれ。91年FMWに入門し、同年5月5日、愛知・名古屋国際会議場大会でデビュー。FMW認定2冠統一、WEWタッグなどのタイトルを奪取し、エースの座にのぼりつめた。95年には師匠・大仁田厚の「引退試合」の相手も務めたが、2001年10月、リングで頭部を強打し、外傷性頚椎(けいつい)損傷で引退を余儀なくされた。その後車いす姿でテレビ出演などをこなしていた。

3日に亡くなられていたとの事ですが、今日もブログは更新されています。

予約投稿でしょうか?

ブログを読んでいるファンの方からすれば信じられない訃報だと思います。

スポンサード リンク

絵になる男、ハヤブサ。その早過ぎる死にファンは悲しむ

私の家族にもプロレスファンが居ますが、この訃報を聞いたらとても悲しむ事でしょう。

リング上で頸椎損傷をしてからも諦める事なくリハビリを続け、リングに立ちたい、試合をしたい、その一心だったハヤブサさん。
車椅子で生活をしていた彼が杖をついて歩けるまで回復したのは努力が実ったからでしょう。

早過ぎる天国への旅立ち。

復帰を待ち望んでいたファンは多く、訃報に触れた今も信じられないと思います。

ハヤブサさんの御冥福を心より御祈り申し上げます。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です