【井上純氏=作詞家SPIN】元KAT-TUN・田口淳之介のソロ活動を支える所属事務所代表は嵐の黄金期をも支えた人物だった!

【ファンは歓喜?落胆?】元KAT-TUNの田口淳之介、ソロアーティストとして芸能活動を再開!11月にはシングル、ファンクラブも立ち上げる

田口淳之介さんのオフィシャルファンクラブの住所を検索すると株式会社Tokyo Tunesという会社が出て来ます。

事業概要は『楽曲作成事業、インディーズレーベル事業、投資事業』とあります。

こちらが田口さんのソロデビューを支える会社であると思われます。

そして代表取締役の名前が「井上純氏 北川暁氏」となっており、なんとこの方々現在国民的アイドルグループである嵐の楽曲を支えて来た人物だったのです。

スポンサード リンク

嵐の曲、作詞作曲、謎の人物が多いがその1人がSPIN=井上純氏

SPIN(スピン)について

作詞家。出身地・年齢・性別不詳。

UNITe(ユニト)のペンネームでも活動。

代表作に、嵐「きっと大丈夫」「Love so sweet」「Monster」、KAT-TUN「Keep the faith」、氷室京介「BANG THE BEAT」などがある。

嵐楽曲でおなじみの、SPIN、北川吟、北川暁、Erykah、小川貴史、Axel-G、栗原晋太郎、三上吉直、みうらともかず、youth case、HYDRANT、100+、すべて同じところに所属しているらしい。なにここ嵐の曲つくるためだけの会社?

SPIN氏の所属事務所、ジェイアイは現在株式会社Tokyo Tunesに名称を変えているようで、これが田口さんの所属事務所でもあるようですね。

現在はページにアクセス出来ませんがジェイアイの所属アーティスト欄に

Jun Inoue aka Silky Voice(シルキーヴォイス) / SPIN

Gin Kitagawa(ギン・キタガワ)aka SPIN

とありますからSPIN氏は井上純氏と北川吟氏とのユニットであると分かります。

北川吟氏は

13才でベース、15才でギターをはじめ、18才でバークリー音楽院にてGreg Mooter / Anthony Vitti / Joe Santre / Kevin Barry / Giovanni Hidalgo / Tomo Fujitaに師事。ベース、音楽理論を学ぶ。帰国後ベーシストとしてレコーディングやライブでの演奏、並行して作詞・作曲活動も本格的に開始した。舞台やイベント音楽のプロデュースから、嵐、KAT-TUNなどのアレンジを手がける。

一方、井上純氏は

井上純

SPINが所属している会社「株式会社ジェイアイ」の代表取締役。

学歴

1993年埼玉県立熊谷高等学校卒業

1997年Berklee College of Music(バークリー音楽院)卒業

2012年慶應義塾大学大学院法務研究科在学中

経歴

1999年株式会社タワーレコード入社

2001年株式会社ジャニーズ・エンタテイメント入社

2002年株式会社ジャニーズ出版入社

2007年株式会社ジェイストーム入社

2012年株式会社ジェイストーム退社

2012年株式会社ジェイアイ設立
音楽ディレクターとしての実績

●総シングル売上げ枚数1,079万6,046枚107億9,604万円 (1枚1,000円換算)

●総アルバム売上げ枚数505万690枚126億2,672万円 (1枚2,500円換算)

●総DVD売上げ枚数703万3,090枚281億3,236万円 (1枚4,000円換算)

●オリコンヒットランキング1位獲得回数55作品

【情報元:株式会社オリコン「Biz On Line」データベース(2012年3月14日現在)】

な作品

2007年「Love So Sweet / 嵐」(ディレクション)Double Platinum Record

2007年「Keep the faith / KAT-TUN」(ディレクション)Platinum Record

2010年「MONSTER / 嵐」(ディレクション)Triple Platinum Record

2010年「Star Live You & Jin / Jin Akanishi」(音楽監督)

2011年「BIRTH / KAT-TUN」(ディレクション)

2013年「BEST ALBUM 18 / 吉井和哉」(LAレコーディング+NYマスタリングコーディネイト)

2013年「wonderland / HaKU」(プロデュース)

2013年「dye it white / HaKU」(プロデュース)

このようにジェイストームに入社→独立という流れのようです。

ディレクターという立場から嵐を支えていたわけですね。

しかしジャニーズ事務所を離れた田口さんの受け皿が井上純氏…調べてみると関係性が凄く面白いですよね。

何だか縁を感じるというか、これからの田口さんのソロ活動を盛り上げ、しっかり支えてくれそうな心強い人物です。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です