【ファンは歓喜?落胆?】元KAT-TUNの田口淳之介、ソロアーティストとして芸能活動を再開!11月にはシングル、ファンクラブも立ち上げる

【井上純氏=作詞家SPIN】元KAT-TUN・田口淳之介のソロ活動を支える所属事務所代表は嵐の黄金期をも支えた人物だった!

 人気グループ「KAT―TUN」を脱退した田口淳之介(30)が1日、芸能活動を再開することを自身の公式サイトで発表した。
田口は公式サイト内のNEWSで「これからの希望いっぱいで、またみんなの前に帰ってきます!」と活動再開を宣言。11月にはシングル「Hero」をリリースし、オフィシャルファンクラブも立ち上げて、今後はイベントなども行っていく。
田口は「ずっと応援してくれているみんなも、はじめましての方も、こんにちは。田口淳之介です」とあらためて自己紹介。「今はただ正直に、自分の力で、大切な人たちのために、音楽で盛り上がりたい人たちのために、そして自分自身のために、最高の音楽とステージを作り楽しみたい気持ちで一杯です」と現在の心情を明かし、「これから、みんなが笑顔で楽しめるように歌い、踊り、ありのままの自分を見せていきます!」と意欲。「ずっとついて来てください。男らしく格好良い俺を見せるから!」とファンに呼びかけた。
また「追伸」として地震や台風の被災者に向けて「心からお見舞い申し上げます。大変だと思いますが、負けないで頑張って下さい。僕も音楽で応援出来るよう、心を込めて歌い、活動していきます」とメッセージを送った。
公式サイトのプロフィルではKAT―TUNについて触れておらず、これまでの経歴に加え「30代を迎え、ソロ・アーティストとして新たなスタートを切る」と紹介。今後について「自身の中で一番大きな位置を占める<音楽>を軸として、時代の鼓動と共に伸びやかな表現を更に覚醒させていく」としている。
KAT―TUNは2001年に6人で結成、06年3月22日にメジャーデビューした。10年に赤西仁(32)、13年に田中聖(30)が脱退、今年3月31日に田口がジャニーズ事務所退社したことで、グループは5月1日の東京ドーム公演で充電期間に入り、メンバー3人はソロで活動している。

スポンサード リンク

交際相手の小嶺麗奈との結婚を望んでいたのではなく、ソロ活動がしたかったのかな?

田口さんがKAT-TUN脱退を発表してから実に沢山の週刊誌が彼を追っていましたよね。

脱退理由は交際相手の小嶺麗奈さんとの結婚をジャニーズ事務所が認めてくれないから、とか結婚する為に脱退し、小嶺さんの実家である熊本県で事業をするとか、デザイン方面へ行くとか……週刊誌さんはこのソロデビュー、全く掴んでいなかったのでしょうか?

【画像…確かに歩き方は妊婦に見える】KAT-TUN・田口淳之介実家の母が脱退理由を語る。同棲中のお相手小嶺麗奈は妊娠中の模様。

週刊誌に振り回されたファンの方も多いでしょうが、こうして本人の口から発信してくれて田口ファンは多いに喜んでいるだろうと思いきや…複雑な思いを抱えている方も多いようです。

芸能活動再開は早過ぎた?KAT-TUNファンは複雑な心境の模様

ソロ活動に関しては応援したいけれど、やはりKAT-TUNファンからしてみれば複雑な心境のようです。

グループがデビューして10周年目の記念すべき年に田口さんの脱退がきっかけとなり活動休止・充電期間に入っているわけですから、また彼の姿を見れる嬉しさはあれど、大喜びは出来ない模様ですね。

しかし田口さんは田口さんで大手事務所を離れ、グループではなく自分だけの道、自分の自由な人生を歩もうとしているのも事実です。

これからのアーティスト活動をもってして、待たせていたファンの前に立ち真実の言葉で最高のステージを作り上げて欲しいものです。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です