【仕事の一環とは便利な言葉】自民党の金子恵美衆院議員、早速ポケモンGOをプレイし議員会館でゼニガメGET!

 22日午前に日本国内でも配信が始まったスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」が、さっそく永田町を席巻している。

自民党の金子恵美衆院議員は自身のブログに「ポケモンGOが先ほど日本に上陸しました! 議員会館の私の部屋にもポケモンがいました! ゼニガメ来館! とっても可愛いです!!」と書き込んだ。自身の手のひらの上に架空の生物「ポケットモンスター」の一つ「ゼニガメ」を乗せたゲーム画面の写真も載せている。

ただ、金子氏がポケモンGOをプレーするのは遊んでいるわけではなく、国会議員としての仕事のためだという。金子氏は情報や通信などを所管する衆院総務委員会の委員であり、「※私は総務委員会の委員なので、仕事の一環としてチェックしています」と注意書きをつけるのも忘れなかった。

スポンサード リンク

仕事中ですよね…ゲームしてても仕事の一環に出来るとは…

当然批判の対象となります。

確認した限りではTwitter上でもヤフコメ上でも良い意見はありませんでした。

やはり遊んでいるようにしか思われませんし、「仕事の一環」とはどういう事なのか、その説明もありません。

マナーやルールでこれだけ話題になったポケモンGOなのですから、国民に注意を促す立場の金子議員が楽しんでいては駄目ですよね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です