【約40年間休載なし】200巻で最終巻!少年誌での最長連載を誇る「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が連載終了へ。作者の秋本治先生が明言

 1976年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が、約40年におよぶ連載に幕を閉じることが3日、分かった。17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となる。

作者の秋本治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と語った。終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」と説明。「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」と話した。

「こち亀」は、東京の下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている長寿作で、コミックスは199巻まで発売されており、累計発行部数は約1億5000万部を誇る。テレビアニメシリーズが1996~2004年に放送されたほか、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演でドラマ化、実写映画化もされた。

この日、作者である秋本治先生は神田明神(東京都千代田)で行われた同作の“巨大絵巻物”の奉納式に出席、ここで自らの口で「連載終了」を発表しました。

スポンサード リンク

ウソ最終回もあった!


過去にこち亀最終回もどき、ウソ最終回があったのですが、両さんが転属された先でフリーザが出て来るというドラゴンボールとのコラボがありました。
この翌週、こち亀は普通に連載していました(笑)

チームで「こち亀」を作り上げ、約40年間の連載期間で休載なし

40年という数字も凄いのですが、週刊連載で一度も休載せず、というのも凄いですよね。

これはアシスタントさんとの連携、チームで作品を作り上げている為、作品ストックが多数あるので休載せずに連載が可能となるわけですね。

またこち亀は「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録の保持しており、現在も更新を継続中。

コミックスの発行部数は累計1億5,650万部。

中国語版や韓国語版も出ており、中国語でのタイトルは『烏龍派出所』(ハチャメチャな派出所)

韓国語でのタイトルは『여기는 잘나가는 파출소』(ここはうまくいく派出所)

テレビアニメ版は台湾、香港、ポルトガル、インド、スペイン、フランスなどで放送されているなど世界中で両津勘吉は愛されています。

御年63歳になる秋本治先生。

次回作にも「構想がある」と意欲を見せるあたり、さすがは休載知らずの大物作家といったところでしょうか。

ジャンプ本誌はBLEACHも終了し、寂しくなったなぁというところでこち亀も最終回に向かう……しかもこち亀は連載期間も長いですし、ずっと見続けて来たファンの方は本当に残念だと思っている事でしょう。

しかしこれからも両さんと作品は永遠に残り、愛され続ける。

両さん、秋本先生、40年間お疲れ様でした。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です