元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)61歳が死去。2015年に膵臓癌の手術、最近は転移が見つかり治療中だった

 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、東京都内の病院で死去した。61歳だった。

同親方は2015年名古屋場所を全休し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けた。その後は職務に復帰していたが、最近はがんの転移が見つかったとされ、闘病を続けていた。

九重親方の略歴は以下の通り。

◆九重貢(ここのえ・みつぐ)元横綱千代の富士。本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道松前郡福島町生まれ。70年秋場所初土俵。75年秋新入幕。81年秋から横綱に。通算1045勝。優勝31回。三賞7度。金星3個。89年には国民栄誉賞に輝いた。91年夏場所限りで引退後、年寄陣幕襲名。92年4月に九重を襲名し部屋の師匠に。08年2月に理事初当選。広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。家族は夫人と1男2女。現役時代は183センチ、127キロ。

スポンサード リンク

娘でモデルの秋元梢は父の病状語らず

モデルの秋元梢(28)が19日、東京・明治記念館で行われた「M/mika ninagawa×KURAUDIA」和装ウェディングコレクション発表会に登場。すい臓がんで闘病中と報じられる父で元横綱・千代の富士の九重親方(61)について、報道陣から問いかけられたが、無言だった。

九重親方は昨年6月に早期のすい臓がんの手術を受けていたことを同9月に公表。今月に入り、抗がん剤治療を行わず、放射線治療に取り組んでいることを一部で報じられた。しかし、次女の秋元は報道陣から「お父さんの病気が心配されているが?」と声をかけられたが、何も答えなかった。

この日は写真家・蜷川実花(43)がプロデュースした和装ウェディングコレクションにショーモデルとして出演した。出演のオファーは、蜷川からメールで直接されたことを明かし「仕事の依頼は受けるけど、直々にメールが来ると思っていなかったので驚いた。『梢ちゃん、着てね』というので普通に『分かりました』と答えた」と裏話を披露。大胆な花柄にも「結婚式は一生に一度と思っているので、このくらい華やかでもいいと思う」と話した。

先日のイベントでお父様の病状を聞かれ何も答えなかったニュースを見て、もしかしたらあまり病状がおもわしくないのかな、と思っていたのですがこんなに早く訃報を聞く事になるとは…。

今日もTwitterを更新していましたが、その時は自身の誕生日をラジオスタッフがお祝いをしてくれたと喜んでいる内容でした。

九重親方は膵臓癌を患い、最近は転移が発覚していたそうです。膵臓癌といえば癌の種類の中でも生存率が低い難しい部類の癌です。

体を鍛え、メンタルも強いスポーツ選手であろうが、避ける事が出来ない…九重親方御本人も御家族の方々も大変辛い闘病生活だったと思います。

今は病から解放され穏やかであればと願うばかりです。

九重親方の御冥福を心より御祈り申し上げます。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です