【漸く発表!…あれ?画力上がった?】第66回紅白歌合戦、司会者決定!シンボルマークは田辺誠一画伯!

2015年 第66回 NHK紅白歌合戦!放送時間決定!司会者は?出演者は?10月中頃発表⁉︎
毎年この時期になると発表される紅白歌合戦の司会者発表。 紅白見てないよーって方でも出演者発表には少なからず興味があるのではないでしょうか?...

今年は例年に比べ1ヶ月程発表が遅れたNHK紅白歌合戦の司会者発表。

とうとう本日発表されました!

前評判通りでしたね!

スポンサード リンク

紅組は綾瀬はるか!白組は井ノ原快彦!総合司会者は黒柳徹子&有働由美子アナウンサー!

あさイチコンビきましたねー!

綾瀬はるかさんの司会者振りは不安かもしれませんがイノッチと有働アナがなんとかしてくれるはず!きっと笑いに変えてくれるはず!

紅組司会

綾瀬(あやせ)はるか

2000年デビュー。女優として「世界の中心で、愛をさけぶ」、「白夜行」「JIN-仁」、「きょうは会社休みます」など数々の話題作に出演し、テレビドラマだけでなく、映画、CMなど幅広く出演している。2013年の大河ドラマ「八重の桜」では、主人公の八重を演じ、その年の「第64回NHK紅白歌合戦」では紅組司会をつとめた。またミニ番組「ふくしまに恋して♥」では、福島の美しい自然や受け継がれている文化を伝えている。今年も「海街diary」「ギャラクシー街道」など話題の映画に出演し、最新作は「高台家の人々」が控えている。さらに来年春から3年に渡って放送が予定されている放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」では主人公・バルサを演じる。

NHK紅白歌合戦の司会は2年ぶり2回目となる。

白組司会

井ノ原快彦(いのはらよしひこ)

1976年5月17日生まれ。東京都出身。

1995年、V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。以降、人気グループとして活躍、今年、20周年を迎え、ベストアルバムを発表し全国7か所でライブツアーを行うなどアーティスト活動を精力的に行った。また俳優としても「警視庁捜査一課9係」をはじめ、数多くのドラマやミュージカルで活躍している。NHKでは2010年から始まった「あさイチ」のメインキャスターをつとめ、今や「日本の朝の顔」としてお茶の間の人気を博している。

NHK紅白歌合戦にはV6として、1999年の企画コーナーに出演、去年は白組歌手として初出場を果たした。

紅白の白組司会をつとめるのは初めてとなる。

総合司会

黒柳徹子(くろやなぎてつこ)

俳優・エッセイ作家・ユニセフ親善大使。

東京都出身。NHK専属の女優第1号としてデビュー。

「夢であいましょう」「ザ・ベストテン」など数々のテレビ番組に出演。自身が司会をつとめる「徹子の部屋」は1976年より現在も放送が続いている。まさに日本のテレビ放送史を代表する一人である。今年はその長年に渡る活躍が認められ文化功労者に選ばれた。NHK紅白歌合戦では1958年の第9回で紅組司会をつとめたほか、1980年の第31回からは4年連続で紅組司会をつとめるなど、これまで通算5回紅組司会をつとめている。去年の紅白歌合戦ではゲスト審査員をつとめ、タモリや紅白司会とともに華やかにオープニングを飾った。

有働由美子(うどうゆみこ)アナウンサー

1969年3月生まれ、大阪府出身。

1991年、NHK入局。大阪局、東京アナウンス室、アメリカ総局に勤務。現在、生活情報番組「あさイチ」のキャスターを務める。

明るく歯切れ良いアナウンスメント、相手の核心に迫るインタビュー力でNHKの顔として活躍している。趣味は読書、剣道二段。

NHK紅白歌合戦では、第54回まで3年連続紅組司会を担当。また総合司会は2012年から3年連続で担当、今回で4回目となる。

2015年のテーマ【ザッツ、日本!ザッツ、紅白!】

これぞ、日本!

これぞ、紅白!

今年は、紅白がもっとも紅白らしく輝く、いわば紅白の決定版!

出場歌手も、自分たちらしさでいっぱいの「ザッツ(=これぞ)」なステージを届けます。

歌も、驚きも、笑顔も、感動も、涙も、夢も、 エンターテインメントのすべてが、ここにある。
戦後70年、日本の心が、ここにある。


ザッツ、日本!ザッツ、紅白!

12月31日、いよいよ開幕です!

何だか嵐のアルバム、ジャポニズムのテーマっぽくなってますね(笑)

ある意味大トリ⁉︎大出世⁉︎シンボルマークは田辺画伯がデザイン!  

今年の紅白のテーマ「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」をイメージした“シンボルマーク”。

デザインを担当したのは、俳優・田辺誠一。独特の画風が話題となり、ファンからは“画伯”と称される田辺が、今回番組のためにテーマシンボルを書き下ろした。日本の力強さ、歌の力をイメージして、太陽と富士山を背に、空高く鳥が飛んでいるという雄大なシンボルに仕上がった。

このテーマシンボルは、関連番組やホームページ、そのほかさまざまなPR展開などでも活用していく予定。

田辺誠一 プロフィール

東京都生まれ。俳優・映画監督・クリエイター。1987年、メンズノンノの専属モデルとなる。92年に俳優デビュー。ドラマ・舞台・CM・映画など多方面で活躍。98年には初監督映画を製作し、ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品され国内外で注目を集める。そのクリエイティビティはイラストにも発揮され、独特な世界観の絵の数々は、大きな反響を呼び、ファンからは“画伯”と称される。昨年、LINEスタンプ「かっこいい犬。」が注目を集める。今年、「田辺誠一画伯展」を開催し2万人を動員。全国各地で大盛況に終わった。現在、モネ展にてオフィシャルサポーターを務め、「かっこいいモネ」を描きおろすなど、ますます「絵」の分野での活躍の幅を広げている。

田辺画伯のコメントも公式サイトにあります。

紅白のテーマシンボルのお話をいただき、とても驚いたと同時にとても嬉しかったです。日本の力強さ、歌の力強さをイメージして描きました。日出ずる国日本。毎日、力強く昇る太陽、世界に誇る富士山、そして空高く舞う鳥。新しい年に向かって、また豊かな未来やそれぞれの夢や目標に向かって大きく自由に羽ばたいていくイメージです。歌の力で、日本の力で、一人一人の力で、みんなの力で、様々なものを超えて羽ばたいていく、その気持ちをサポートするシンボルになれば嬉しいです。

それではそのシンボルマークを見てみましょう。

ジャジャーン!

日の丸・富士山をバックに力強く羽ばたく鳥!

何だか画力が上がっている気さえします。

というか力強い表情の鳥が面白いやら可愛いやら…!

こんな素敵なシンボルマークなら田辺画伯が東京オリンピックのロゴマークも…なんて考えてしまう凡人な私です。

さあ、司会者・テーマ・シンボルマークが揃った今年の紅白歌合戦!

引き続き、出演者の発表も楽しみですね!

【バンプにミューズも】第66回紅白歌合戦!司会者に続き、出演者も決定!ラスボス小林幸子も特別出演!
司会者も決定した今年の紅白歌合戦! とうとう出演者も発表になりました!  NHKは26日、大みそか恒例の『第66回NHK紅白歌合戦...
スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です