【警備員がいるから大丈夫?】目立ち過ぎる外観の為か、俳優・峰竜太、新宿区神楽坂にある5億円豪邸がポケストップに!Portal House(堂々とした入り口の家)と紹介

俳優の峰竜太(64)の東京都新宿区内の自宅が、スマートフォン向けのゲーム「ポケモンGO」で、ゲームを進めるためのアイテムを入手できる「ポケストップ」に設定され、連日、ゲームユーザーが訪れている。

峰は「娘から聞いてビックリしました。それから僕もやり始めたんですよ」と我が家が思わぬ注目スポットになり、驚いている。ゲーム会社に要請をすればポケストップの設定を削除することもできるが「うちはそういうつもりはないです。ご近所の迷惑にならないようにしていただければ楽しんでいただきたいと思っています」と語る。

潜水艦のようなデザインの5億円ともいわれる豪邸。米ニューヨーク・タイムズに特徴的な外観の家として紹介されたことも。警備員も巡回し防犯カメラもあることからセキュリティーは万全だ。

ポケストップの場所には神社や史跡などが採用されることが多いが、ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「石垣や置物など外観に目立つものがある場合、ポケストップになりやすい」と話した。ゲーム内の説明文では峰の自宅は「Portal House(堂々とした入り口の家)」と紹介されている。

みどり夫人(旧姓海老名)とは1975年に結婚。恐妻家として知られており「うちにも大きなみどり色の怖いモンスターがいます。ボールで捕獲できるかは分かりません」と話している。

ポケストップの削除は要請しないとの事。

峰竜太さん、や、優しい…。まあ常に警備員さんが配備されている豪邸なので人が来るぐらいは有名税なのかもしれませんが、御近所迷惑にならなければ良いですね。

スポンサード リンク

ポケモンGOは関係ないかもしれないが、こんな事件も

車でポケモンGOをプレイしていて検挙されたという報道は多くありますが、わいせつ事件も起きています。

31日午前2時40分ごろ、北海道帯広市東3条南15丁目の路上で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら徒歩で帰宅していた20代の女性が、男に近くの住宅敷地内に引きずり込まれてキスされそうになり、軽傷を負った。イヤホンをしていて男に気付くのが遅れたといい、帯広署が強制わいせつ致傷事件として捜査している。
帯広署によると、女性は、背後から近づいてきた男に突然、「声を出したら殴るぞ」と脅され、肩と首をつかまれた。住宅の敷地に引きずり込まれた際にけがをしたといい、大声を上げると男は逃げたという。
男は20代ぐらいで、身長約170センチの細身。白い半袖シャツに半ズボン姿で、黒縁眼鏡を掛けていたという。

ポケモンGOが直接関係あるかと言われれば…これは歩きスマホをしていて襲われたという事でしょうが、こういった事件が今後増えない事を祈るばかりです。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です