【トラブルがありませんように】宿泊場所不足…福岡市、嵐とEXILEのコンサート開催日に民泊を認める!

嵐とEXILE(エグザイル)のコンサート開催日、「民泊」を認めます――。ホテル不足の対策として福岡市が、個人の家やマンションを宿泊場所に提供する民泊への協力を市民に求め、ホームページで募集する。高島宗一郎市長が8日の定例記者会見で明らかにした。

市では、大きな催しやコンサートの際にホテルが予約できないことが多く、嵐(17~19日)とエグザイル(26、27日)のコンサートの際も、「多くのホテルが満室状態」(市の担当者)という。

市が部屋の提供を募る期間は、この5日間。本人の住宅で、賃貸の場合は家主の同意を得ることなどが条件で、空き部屋は対象外という。市は募集を通じて民泊の提供場所を把握するが、応募者は民泊のあっせんサイトなどで自ら宿泊者を募ることになる。

民泊は、部屋数や客室の床面積などを定めた旅館業法や、消防法、建築基準法などの規制を受ける。ただ、厚生労働省は、イベントなどで宿泊施設が不足する場合、自治体の要請に基づき、条件を満たす一時的な民泊は認める指針を示している。市は今回はこれに該当する、としている。

嵐はブラストイン宮城でも宿泊場所が足りないと言っていましたので、福岡市でも同じ様な感じなのでしょう。

中国の方が観光・爆買いなんて言われていた時も福岡市内はホテルが満室状態で北九州市の方を案内されたり…という事もあったようです。

スポンサード リンク

日本人同士ならばトラブルは起きないかな

民泊はその名の通り、民家に泊まるという事なのですが、近年では観光目的の外国人向けの民泊仲介ビジネスなんかもあるようです。

 東京都大田区内で、個人宅やマンションの空き部屋に訪日外国人を宿泊させる「民泊」営業を認める条例案が7日、区議会本会議で可決、成立した。国家戦略特区の枠組みによる同様の条例は大阪府に次いで全国2例目だが、来年4月開始予定の大阪府より早く、来年1月からの制度スタートを目指す。
大田区によると、区内の民泊を100軒以上確認している。旅館業法に基づく営業許可を取っていない違法状態にあり、条例化によって「法の網」の中に入れ、区が実態を把握できるようにした。
条例は、運営業者に立ち入り調査できる権限を区職員に与えたほか、近隣住民の不安解消のため、業者に対して大阪府条例にはない「事業計画を事前に住民に周知する義務」を定めた。ホテルや旅館の経営を圧迫しないよう、滞在は6泊7日以上に限る。
区はテロ対策、感染症防止、近隣とのトラブル防止の観点から、業者が留意すべきことを盛り込んだガイドラインを今月中に策定し、来年1月中に申請受け付けを始める。松原忠義区長は記者会見で「全国初の取り組みがリーディングケースとなるよう、しっかり実施したい」と述べた。

しかしトラブルも尽きないようですので、民泊条例を敷いて規制の対象にし始めています。

うまく回れば、ホテル不足に悩む観光客を救え、空き部屋で悩む家主も救済出来ますので非常に良いとは思います。

コンサートの話に戻りますが若い子たちが宿泊先が見つからず漫画喫茶やカラオケで夜を明かすよりは民泊の方が安全だと思いますので、福岡市のようなこういった事例が少しずつ広がって行けば良いですね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です