大河ドラマ真田丸7月31日放送、第30回『黄昏』にて当時は存在しないはずのおむつが映っちゃう!

大地震に見舞われ、落成を前に伏見城は倒壊してしまう。秀吉(小日向文世)から普請を命じられていた昌幸(草刈正雄)は生きがいを失いふさぎこむ。秀吉は再び大陸へ攻め込むと言い出し、さらにはバテレンへの弾圧を強める。きり(長澤まさみ)が親しくなった玉(橋本マナミ)らキリシタンたちに危機が迫る。秀吉の老いがますます進み、家康(内野聖陽)ら大名たちに混乱を巻き起こす。信繁(堺雅人)らは必死に隠そうとするが…。

私はまだ録画したまま見れてないんですが、この第30回の放送時に映ってはならないものが映っていたらしいのです…。

スポンサード リンク

赤ちゃん=おむつ、が自然過ぎて気付かなかった?

紙おむつ、穿いてますねー。

この上から布でも巻いていれば良かったのでしょうが、普通に現代のおむつが映ってますね(笑)

電柱が映り込んだ時代劇とかよく聞きますがチェック漏れが原因でしょうか。

赤ちゃんのおむつの場合、赤ちゃん+おむつって凄く自然な事なので見逃したのかもしれませんね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です