【このタイミングで⁉︎】子宮けい部高度異形成を手術する大渕愛子、相談者と料金トラブルで東京弁護士会の懲戒委員会が審査へ!

 日テレ系「行列のできる法律相談所」出演でお馴染みのタレントでもある大渕愛子弁護士(38)が、相談者と料金トラブルになり、東京弁護士会の懲戒委員会で審査されることになった。大渕氏側は、「懲戒手続き中なのでお答えできない」としている。
このトラブルについては、東京弁護士会の綱紀委員会が調査し、2015年11月20日付で議決した。それは、大渕弁護士について懲戒委員会に審査を求めることを相当とするというものだ。
■相談者の公的援助中に顧問料など求める
議決などによると、トラブルのきっかけは、大渕氏が2010年10月、30代シングルマザーの女性から、元夫が支払うと約束した月5万円の養育費が滞っていると相談を受けたことからだった。
大渕氏は、元夫と示談交渉をするに当たって、着手金17万8500円が必要だとし、利益は500万円として成功報酬はその1割とした。さらに、顧問料として、月額2万1000円も支払うよう女性に求めた。
お金に困っていた女性は、日本司法支援センター(通称・法テラス)の代理援助を利用したいと申し入れ、大渕氏も了承して申し込みをした。そして、11月に着手金10万5000円、実費2万円を立て替える援助が決まり、女性は月額5000円を法テラスに返すことになった。
法テラスでは、代理援助中は、弁護士が相談者から料金を請求しない決まりになっている。ところが、大渕氏は、着手金の残額7万3500円と顧問料の支払いを女性に求め、女性は残額のほか、11年1~5月まで顧問料を支払った。女性は、6月に残額や顧問料5か月分の計17万8500円の返金を大渕氏に求めたほか、7月には法テラスも女性に返すべきだとした。
しかし、大渕氏は、返金を拒否し、10月になって、東京弁護士会の副会長が大渕氏に返金を促して初めて、女性に全額を返した。
「懲戒手続き中なのでお答えできない」
大渕愛子氏は、法テラスの契約弁護士になっていたが、法テラスでは12年2月23日付で1年間の契約停止措置を取ることを決めた。このことについては、法テラスのホームページ上で匿名で書かれている。
弁護士会の綱紀委では、こうした大渕氏の行為について、弁護士の品位を損なうものだと議決で指摘している。
議決では、大渕氏が女性からの委託契約書を作らなかった、交渉だけして元夫の両親に扶養料を請求しようとしなかった、元夫に養育費の減額調停を教える利敵行為をした、なども同様だとした。しかし、これらについては3年の時効が過ぎているとしている。
女性の依頼で大渕氏の懲戒請求をした太田真也弁護士は、取材に対し、次のように問題点を指摘する。
「弁護士に依頼するときは、着手金と成功報酬だけを支払うのが普通だと思います。顧問料を取るというのは異例で、これでは交渉が長引くほどお金がかかることになりますね」
大渕氏については、女性のほかに2人の3件について懲戒請求しているという。うち1件は綱紀委で懲戒委にかけないという結論になったが、残りの2件は綱紀委で調査中だとしている。今回の請求については、懲戒委での審査が16年に入って始まれば、3~6か月かかるのではとみている。
大渕氏所属事務所のタイタンでは、取材に対し、「相談依頼者の方への守秘義務があり、懲戒手続き中の段階では、何もお答えできません」とコメントしている。

大渕愛子さんに関しては被害者の会なんていうブログまで存在します。

簡単にいうと、法テラス〔お金のない人に着手金などを援助する制度〕の利用者からさらに金を取り、法テラスから言われても3ヶ月以上も返還しなかったことが懲戒審査相当となった。これで、大渕愛子が弁護士会から処分を受ける可能性が高まった。

議決書

平成26年東綱第593号

被調査人 金山愛子〔職務上の氏名、大渕愛子〕

登録番号28914

代理人弁護士 浦岡洋、大川原紀之


主文

被調査人につき、懲戒委員会に事案の審査を求めることを相当とする。

平成27年11月20日

東京弁護士会綱紀委員会 委員長 海野浩之

うーん、お金がない方から更にお金を取る…そしてその返還が3ヶ月以上もされなかった…不信感が募っても仕方ないのかもしれませんね。

弁護士は困っている者の味方…と思ってはいけないのでしょうか。

そういえば大渕さんは最近手術をされるという事で報道がありました。

俳優の金山一彦(48)の妻で弁護士の大渕愛子氏(38)が、子宮けい部高度異形成の診断を受け今月22日に入院し、手術を受けることが、わかった。18日、所属事務所のタイタンを通じて発表した。
大渕弁護士は「今年7月に受けた健康診断の子宮がん検診項目で『要精密検査』の結果が出たため、精密検査を受けたところ『子宮けい部高度異形成』との診断を受けました」とし、「そのまま経過を観察する選択肢もあったのですが、小さな子供もおりますため、早期に治療したほうがよいと判断し、子宮けい部円錐切除の手術を実施することといたしました」と説明した。
なお、術後翌日には退院を予定しているが「3週間程度は、遠方へ行くことを控えるようにとのことですので、レギュラーで出演させて頂いております。ABC朝日放送『正義のミカタ』につきましては3回ほどお休みさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願いいたします」とコメントしている。

スポンサード リンク

所属事務所タイタンの社長太田光代は報道に怒り


相談者との料金トラブルの報道に大渕さんが所属する芸能事務所タイタンの社長太田光代さんは

このように怒りを露わにしています。手術を控えている所属タレントに対してこのような報道はモラルがないという事でしょうか。

所属タレントを守るのは社長の務めです。怒りもごもっともです。

しかしこの一連の流れをよく思わない方々も確かに存在します。

ネット上の書き込みには以下のようなものが。

発言知ると、懲戒の件を入院、手術の流れで打ち消そうとしたのがバレバレだね。

情状酌量を狙ったんだろうけど、今までの悪質な業務や世間の評判は簡単には消せないよね。

どんな審判が下るのやら。

大渕愛子は金山一彦という3流の前科もち俳優とデキ婚した時点で株価急降下だよね。

今回の事で司法の場で適正な判断が下されれば、太田光代さんだって庇いきれない。

タレントとしても終わりだし、この人に弁護を依頼するまともな人はいないから

結局、裏稼業になるんだろうな。

このように、経過観察で良いものをすぐに手術する理由はこの料金トラブルを打ち消すものだと勘繰る方々がいらっしゃいます。

大渕さんはこの先弁護士としてどうなっていくのか、大変注目されます。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です