【堕ちたハンカチ王子…】文春砲放たれる!斎藤佑樹投手、ベーマガ池田哲雄社長に高級車をねだる…更にはマンションを提供も。見返りはなしなのか?

 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

 関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

ベースボールマガジンの池田哲雄社長はお父様から引き継いで社長になられた方です。

プロフィールは

  • 株式会社ベースボールマガジン社代表取締役社長
  • 1957年生まれの59歳
  • 早稲田大学出身
  • 社団法人全国野球振興会理事
  • 財団法人池田記念財団理事長
  • 学校法人早稲田大学系属早稲田実業学校評議員 

肩書きも立派なお方です。

この方に斎藤投手は高級車をおねだりし、それ以外にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったようです。

斎藤投手は認めていませんが、提供した側の池田社長は認めていますから間違いはないでしょう。

スポンサード リンク

まさか見返りに体を…なんてないですよね…。処分はどうなる?

ちなみに斎藤投手、最初はポルシェのカイエンをおねだりしたんだとか。

カイエンの価格は約2000万円…!

結局はマカンの新車に落ち着いたようですがこちらも最低は800万円する高級車です。

斎藤投手はプロ入りして、お世辞にも活躍しているとはいえないですがどうしてこのようなご褒美を貰えたのでしょうか。

普通なら「買ってあげるよ」と言われても「自分はまだそれ程活躍出来てませんから」と遠慮しませんか?

ポルシェ以外にも利益供与があったとすれば何の為にでしょう?

まさか見返りに男娼のような事を…?愛人?なんて下世話な想像をしてしまいますが、そんなわけはありませんよね。

斎藤投手はノーコメントですが、これが問題と判断された場合は何かしらの処分が下る場合もあるかもしれません。

甲子園で輝かしい活躍をしたハンカチ王子は何故こうなってしまったのか。球団はきちんと本人からの聞き取りを行って欲しいと思います。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です