【こけしコレクターとTENGA社長】たんぽぽ・川村エミコとTENGAの松本光一社長が熱愛!川村の所属事務所は交際否定せず、プライベートは本人に任せてます、と語る

 お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコ(36)が、成人用玩具メーカー「TENGA」の松本光一社長(48)と真剣交際していると、14日発売の「週刊ポスト」が報じている。

同誌によると、2人は昨年、知人を通して出会い、デートを重ねるうちに交際に発展した。松本氏は、男性のマスターベーションの快感を高めるグッズ「TENGA」の生みの親。全世界で累計3000万個を売り上げている。川村の所属事務所は「プライベートは本人に任せてます」とした。

な、なんとこれはお笑い芸人の彼女からすればおいしい彼氏が出来ましたね。

川村エミコさんは確かこけしコレクターだったはず。

御自宅にカメラが入っているのをテレビで見た事があるのですが、その際川村さんの部屋には様々なこけしが置いてありました。

こけしコレクターとTENGA社長…最強の組み合わせな気がします。

スポンサード リンク

ゆくゆくは医療現場でも…

会社TENGA 松本光一
松本 光一 まつもと こういち(1967年生)

静岡県出身。自動車整備の専門学校を卒業後、スーパーカーやクラシックカーの整備に携わる。

その後、中古車販売会社に勤めるも、モノづくりへの思いが日々強まり、34歳でものづくりに専念する為に脱サラ。それまでに貯めた軍資金1000万円を元手に、自主制作を始める。

さまざまなアイデアの中から「これで、革命を起こすんだ」と選んだテーマはアダルトグッズ。

独立し試作を開始してから3年。

試行錯誤の末、軍資金も底をつき始めた2005年3月 有限会社TENGAを立ち上げる。

同年7月7日、モノづくりの魂を込めた「TENGA スタンダードカップ」5種類を同時発売。

発売から1年で、シリーズ累計出荷数は100万本を突破する大ヒットとなる。

2012年「TENGA 3D」が世界最大級のデザイン賞である「レッドドット・デザイン賞」を受賞。

2013年3月3日には女性向けセルフプレジャー・アイテム「iroha」を発売。

同年10月10日にはTENGA初となるカップル向けバイブレーター「VI-BO」を発売。

現在TENGA製品は40カ国以上で販売し、現在累計販売数は3000万個に達する。

前立腺全摘後のリハビリテーションにTENGA EGGが薬と併用して活用されていたりといった例があるようで、不妊治療の為などに医療用TENGA開発にも力を入れたいと語る松本光一社長。

これからも活躍の場をどんどん広げていきそうな株式会社TENGA。

川村さんとの関係も良い方向に行けばいいなぁと個人的には思ってしまいます。

相方の白鳥さんも交際が順調なようですし、どちらがゴールインしてもおかしくないですね!

良いニュースが飛び込んで来るのを楽しみにしています。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です