【御自宅にありませんか?】基準満たさない今治タオルを一部メーカーが出荷!ブランドロゴを不正に使用

愛媛県今治市のタオルメーカーが、品質基準を満たしていない製品を高級タオルの「今治タオル」として出荷していたことが、メーカーでつくる組合への取材で分かりました。問題のタオルはブランドの認定を受けておらず、全国に少なくとも35万枚が出荷されたとみられ、組合が実態調査を行っています。

品質基準を満たしていない今治タオルを出荷していたのは、今治市のタオルメーカー、「ICHIHIRO」と関連会社の「コットンアイ」です。
四国タオル工業組合によりますと、組合が定期的に行っている抜き打ち検査で先月、このメーカーが今治タオルとして出荷した製品に品質の基準を満たさないものが複数見つかったということです。
今治タオルは肌触りがよく、吸水性の高いことがセールスポイントで、水につけて5秒以内に沈むなど組合が独自の品質基準を設けていますが、問題の製品は沈むのに10秒以上かかるなどしていたということです。
問題の製品は、ブランドとして正規の認定を受けておらず、首都圏をはじめ全国に少なくとも35万枚が出荷されたとみられ、メーカーが回収を始めました。
組合ではメーカーに対し、当面、今治タオルのブランドマークの使用を禁止するとともに実態調査を行っています。
NHKの取材に対し、ICHIHIROは事実関係をほぼ認め、「今後はチェック体制を強化するとともに再発防止に努めます」とコメントしています。

贈り物に、頂き物に、と『今治タオル』の名前を耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

高級なのでなかなか自分で購入まで至りませんが、高いだけの事はあるようでブランド名に恥じぬよう基準を満たしたものにしかブランドロゴを使う権利を許さない今治タオル。

今治タオルは「最初に洗濯しなくても吸水性の良いタオル」として「柔軟剤を使用して洗わないタオル」として、タオル片を水に浮かべ、5秒以内に水に沈むかどうかを「未洗濯」と「3回洗濯」の2回に分けて検査するという独自の品質基準をクリアした商品のみを認定しています。

それがこの度基準を満たしていないタオルに今治タオルのブランドロゴをつけ不正出荷していたと判明しました。

この件につきましては一広が既にホームページ上で公表しております。

こちらが今治ブランド未認定で出荷されていた商品名等です。御自宅に今治タオルがありましたら確認してみて下さい。

スポンサード リンク

モチーフは今治の恵まれた美しい自然

  

デザインはデザイナーの佐藤可士和さん。

佐藤 可士和

アートディレクター・クリエイティブディレクター/1965年東京生まれ

博報堂を経て「サムライ」設立。

スマップのアートワーク、キリン極生の商品開発から広告キャンペーン、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIのVIと空間ディレクション、ファーストリテイリング、楽天グループ、明治学院大学、LISSAGEのブランディング、NHK教育「えいごであそぼ」のアートディレクション、NTT DoCoMo「FOMA N702iD/N703iD」「キッズケータイ」のプロダクトデザイン、ユニクロNYグローバル旗艦店、UT STOREHARA-JUKU.のクリエイティブディレクション、国立新美術館のVIとサイン計画等、進化する視点と強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイションは多方面より高い評価を得ている。著書「佐藤可士和の超整理術」(日本経済新聞出版社)は07年のベストセラーに。

日本製であるという安心感が漂うブランドロゴです。

自らに基準を設けているからこそ高い品質を保持出来ると思っていましたが、チェック体制の甘さから不正出荷という問題を招いてしまいました。

全国的に有名なブランドだからこそ、長年の愛用者を落胆させないよう頑張って頂きたいですね!

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です