【頼れるね!】俳優・堤真一、2018年大河ドラマの主演に内定!タイトルは?脚本や、脇を固める俳優陣は?

俳優の堤真一(52)が2018年のNHK大河ドラマの主演に内定したことが2日、分かった。明治維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛を演じる。

堤は03年の「武蔵 MUSASHI」以来、7作目の大河出演となる。NHKでは14年後期の連続テレビ小説「マッサン」で、サントリーの創業者をモデルにした役どころを熱演し話題を呼んだ。三枚目から重厚な役まで演じ分ける硬軟自在な演技力と存在感を武器に、幅広い分野で活躍。ドラマ、映画、舞台で欠かせない存在となっている。

演じる西郷隆盛は大久保利通、木戸孝允とともに「維新の三傑」と呼ばれる人物。薩摩藩(現在の鹿児島県)のリーダーとして薩長同盟を成立させ、武力倒幕を実現。江戸攻めでは無血開城させたことでも知られる。

大河では90年の「翔ぶが如く」で大久保利通とともに主人公として取り上げられたことがある。

スポンサード リンク

俳優・堤真一、過去の大河ドラマ出演一覧。7作目にして主人公に

1987年「独眼竜政宗」蘆名義広役

1988年「武田信玄」武田義信役

1990年「翔ぶが如く」矢崎八郎太役

1995年「八代将軍吉宗」徳川吉通役

1999年「元禄繚乱」高田郡兵衛役

2003年「武蔵 MUSASHI」本位田

少し時間を置いて2018年、大河ドラマの主演となります。

現在、52歳の堤真一さん。

西郷隆盛を演じる頃54歳。素晴らしい演技を見せてくれるのでは?と期待がとまりませんね。

タイトルや他キャストは?

結論から言うとまだ未定の状態です(2016年9月3日現在)

現在は堤真一さんが大河ドラマの主演に決定したという速報のみ。演じるのは西郷隆盛であるという事が分かっています。

タイトルや脚本、脇を固める出演者も続々決まるでしょうから発表が楽しみです。

頼れる実力派俳優、来年で没後140年の西郷隆盛を演じる

来年が西郷隆盛の没後140年。

大河ドラマが放送される2018年が明治維新150年にあたります。

文学界では林真理子さんの「西郷どん!」、佐藤賢一さんの「遺訓」、葉室麟さんの「大獄」と西郷隆盛を題材にした小説が次々に発表されており、2018年に向け西郷隆盛や西郷隆盛が活躍した幕末から明治、変革期日本への関心が高まる年になりそうです。

どうやら視聴率的に大河ドラマでの幕末物は当たらないというジンクスがあるようですが、堤真一さん演じる西郷どんならかなり期待が持てるような気がしますよね。

NHKにとって頼れる存在となるか!

今から放送が楽しみですね。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です