【開けちゃダメ!】日本郵政の次はクロネコヤマト!「お届け予定eメール」を装った不審メールが出回る!特徴は?添付ファイルを開けたらどうなる?

 ヤマト運輸をかたる不審なメールが出回っているという報告が、ユーザーから上がっている。

「宅急便お届けのお知らせ」などの件名で、ヤマト運輸の「お届け予定eメール」を装ったもので、添付ファイルを開くと不正プログラムがダウンロードされるというもの。ヤマト運輸から送られる「お届け予定eメール」と同じ「件名」や「差出人アドレス」が表示されているため、うっかり添付ファイルを開いてしまう可能性がある。

ここ数日、30日着で荷物が届くといった内容のメールが不特定多数に送信されており、ヤマト運輸も事態を把握。公式サイトなどで「絶対に添付ファイルを開かず、削除いただきますようお願いします」と注意喚起している。不審メールにはZIP形式のファイルが添付されているが、ヤマト運輸からの「お届け予定eメール」には添付ファイルはない。

この手の不審メールは以前、日本郵政の名前でも出回っていたようです。

スポンサード リンク

不審メールの特徴は?zipファイルを開けたらどうなる?

不審メールの特徴はzip形式の添付ファイル一緒についてくる事です。

実際のヤマト運輸のお届け予定メールは⇩

このような感じで白抜きにしている部分にURLがあり、これをクリックすると配達日時の変更等出来ます。

どこを見てもzip形式のファイルなどついていません。

怪しさ満点ですね。

何かおかしいとヤマト運輸に問い合わせる人が続出し、クロネコヤマトのHPではこの不審メールに対してお知らせがされています。

肝心の添付ファイルですが、これはウイルスのようです。

開いてしまえばどんな障害が出るか分かりませんが、このメールを受け取っても絶対に添付ファイルは開かず削除するようにしましょう。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です