厚生労働省が日本人が一番食べている野菜を調査したらしい。あなたはこの野菜食べてる?

日本人が一番食べる野菜は何かご存知ですか?

こんな記事が出ていました。

厚生労働省が初めて野菜の摂取量のランキングを公表しました。
厚労省が全国の1歳以上の男女3万2000人あまりを対象に2012年に行った調査をもとに分析したところ、ジュースや加工品を除き、日本人が最も食べている野菜はだいこんでした。次いで、2位がたまねぎ、3位はキャベツでした。ちなみににんじんは5位、トマトは7位、ピーマンは14位でした。
厚労省によりますと、大人の平均的な野菜の摂取量は1日当たり282グラムですが、350グラムとることが望ましいということです。

スポンサード リンク

 

1位は大根!確かにレシピは豊富だし、年中食べれる!という事で美味しい大根レシピをご紹介!

大根の名前の由来は【大きな根】から来たと言われています。

弥生時代には伝わっており、大根は日本において品種・調理法とも豊富です。

葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われ、汁はビタミンCやジアスターゼを多く含みます。

春の七草のすずしろも大根であり、薬味や煮込み料理にも使われます。その利用の幅は広く、薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。
私も大根は年中食べています。煮物炒め物はもちろん、漬物や大根菜も食べれますし、すりおろして魚やハンバーグ、天ぷらつゆに浮かべる事も出来ますよね。

数え上げればキリがない大根レシピ。

私が実際に作って美味しかったレシピをいくつかご紹介します。

日本人が一番食べる野菜が判明した訳ですので明日のおかずに如何でしょうか?

切り干し大根の煮物

味しみしみのイカ大根

大根の煮物

合わせて置くだけ 簡単 大根 漬物

大根とひき肉でとろ〜り煮物

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です