【オークションでの価格は10倍⁉︎】平浩二、盗作騒動を謝罪→ぬくもり回収・出荷停止のその後…余波はオークションにも拡がる!

 歌手・平浩二(66)の曲「ぬくもり」(5月発売)の歌詞が、Mr.Childrenのヒット曲「抱きしめたい」(92年)に酷似しているとされる問題で14日、平が騒動後初めてコメントを出した。

発売元の徳間ジャパンコミュニケーションズのホームページ(HP)に「全く寝耳に水のこと。信じられませんでしたが、歌詞の内容は確かに酷似しており、大変驚愕(がく)いたしました」などとつづり、「一歌い手として大変申し訳なく思います」と、ミスチルに謝罪した。

双方のレコード会社はこの日、都内で話し合いの場を持った。徳間ジャパンによると、部長、法務担当者らとミスチルのトイズファクトリーに出向き、謝罪。仕事だった平と、「ぬくもり」の作詞家・沢久美氏は同席しなかった。

徳間は13日夜、HPで「同一の部分が数多く存在している事実を認識し、著作権侵害に相当するものと判断」と見解を表明。当該関係者に対して「厳正なる対処にて臨む所存」としたが、話し合いの内容や、今後の対応は明らかにしない方針。

14日には同社HPでCDの購入者に代金を返すと発表。同社は「お話しできることはホームページがすべて。真摯(しんし)に対応をさせていただきます」。トイズ側は「弁護士にも相談の上、対応を検討しております。こちらでお答えすることはできません」とした。

一方、平のマネジャー(69)はスポーツ報知の取材に「申し訳ないと思っております。ホームページ上に書いてある文面が全て。弊社だけの問題ではありませんので、これ以上、お話しできることはありません」と話した。この日の平の様子も「お話しできません」。今後、会見を行う予定はないという。

沢氏はこれまで、「ご迷惑をおかけして申し訳ない。(ミスチルの)曲は知らなかった」と話している。

◆コメント全文

お騒がせしております「ぬくもり」の件につきまして

日頃よりご支援いただきまして、ありがとうございます。先日よりインターネット上において、お騒がせしております件につきましてご説明させていただきます。

12月10日夜、インターネット上において、私が今年5月に出させていただきました新曲「愛・佐世保」が入っておりますCDのカップリング曲「ぬくもり」の歌詞がMr.Children様の楽曲の歌詞に酷似しているとの内容がアップされているとの情報が入りました。私としては全く寝耳に水のことであり、本当にそのようなことがあるのか信じられませんでしたが、歌詞の内容は確かに酷似しており、大変驚愕(がく)いたしました。

今回のような事態になってしまいましたことにつきまして、一歌い手として大変申し訳なく思いますと共に、Mr.Children樣、ファンの皆様、及びその関係者の皆様に対して、ご心配、ご迷惑をおかけしたこと、お詫(わ)び申し上げます。

今後とも何卒変わらぬ応援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

平成27年12月14日 平浩二

【歌詞丸パクリ?】平浩二の『ぬくもり』の歌詞がMr.Childrenの『抱きしめたい』の歌詞にそっくり!盗作パクリ騒ぎに!作詞家は沢久美!
1992年発売のミスチルの名曲『抱きしめたい』と2015年発売の平浩二『ぬくもり』という曲の歌詞が酷似していると話題になっています。 ...

ぬくもりを作詞した作詞家の沢久美さんは未だにパクリを否定しています。
それでも発売元の徳間ジャパンは自体を重く見て回収・出荷停止の処分を決めたのですが、この余波がネット市場にも出始めています。

スポンサード リンク

皮肉なものでこういう商品にプレミア価格がつく!

 歌詞がMr.Childrenの「抱きしめたい」に酷似していると指摘を受け騒動になっている、平浩二(66)の楽曲「ぬくもり」を収録したCDの価格がネット市場で高騰している。ネット販売大手の「Amazon.com」では、個別の販売業者により定価の約10倍にあたる1万3450円(送料別)以上の価格が設定。ネットオークション大手の「ヤフオク!」でも14日午後7時時点で6305円の入札があるなど、思わぬ形で“プチプレミア化”している。
「ぬくもり」は今年5月に発売されたシングル「愛・佐世保」のカップリング曲で、すでに今回の騒動を受けて、発売元の徳間ジャパンコミュニケーションズがCDの回収と代金の返金を発表している。市場から当該CDが消えるため、希少価値が高まっているようだ。
「Amazon.com」では、販売業者が当該CDを出品しているが、価格設定は最低でも新品で定価1300円(税込)の約10倍にあたる1万3500円。中には1万9800円で出品している業者もあった。
「ヤフオク!」では、14日午後7時時点でデイリースポーツが確認できた出品は11点で、複数を出品している人物もいた。入札額は2000円から6305円で、いずれも定価の1300円(税込)を上回っている。検索用の見出しには「平浩二」、「愛・佐世保」、「ぬくもり」のほか、「ミスチル」、「Mr.Children」といった単語が並んでいる。
平はこの日、今回の騒動を受けてCD発売元の徳間ジャパンコミュニケーションズを通じてコメントを発表した。「私としては全く寝耳に水のことであり、本当にそのようなことがあるのか信じられませんでしたが、歌詞の内容は確かに酷似しており、大変驚愕いたしました」と心境を語ると同時に、「一歌い手として大変申し訳なく思いますと共に、Mr.Children樣、ファンの皆様、及びその関係者の皆様に対して、ご心配、ご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます」とMr.Childrenなど関係各位に謝罪している。


私もヤフオクで確認してみましたが、殆どの出品商品が8000円超えです。

発売当初はヒットとは言えなかった商品が、皮肉にもオークションで高値がつく…もう手に入らないとなればこうなるのでしょうが、何だか平浩二さんが可哀想ですね。

そしてこの責任は誰が取るのか。

未だに沢久美さんからのコメントは出ないまま。

一体この問題はどうなっていくのでしょうか。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です